調査結果は離婚時に有利

相手が原因の離婚には

一般的に知っている人が少ないですが、離婚をするときに相手に浮気などの原因があるとき、探偵を雇って証拠を掴んでおきますと、それは効力を持つので調査結果によっては離婚を有利に進めることができます。

不利な状況にならないために証拠を掴む

基本的に別れ話になったら財産をどうするのか、現在の住居や親権はどうするのかなど、いろいろと解決しなければならない問題が出てきます。

こうした問題点において妥協してしまうほど自分が不利な状況になります。

相手に原因があるのに強気な姿勢を見せてくる場合は探偵を雇って証拠をつかんでおくとよいです。

探偵と弁護士

これを弁護士とセットで活用すると最強です。

まず、財産分与などの詳細については弁護士を雇ってすべて間に入ってもらいます。

そして、浮気やお金遣いの荒さなど、別れる原因を探って証拠を掴むために探偵を雇います。

調査結果によって証拠を入手することができたら、離婚の話し合いの時にそれらの証拠を相手に見せると、大抵の場合は示談で自分が有利な状況で別れることができるので覚えておくと便利です。

有利に離婚を進めるために

ちなみにもし裁判になってしまったときでも、探偵の掴んだ証拠を裁判で利用できることがあるので、この場合はあらかじめ探偵に裁判になっていることを伝えておくとよいです。

そうすると、探偵は裁判でも利用できる証拠を入手してくれるので、かなり有利になります。

離婚とはとてもつらい状況ですが、不利に別れるほどばからしいことはないので、相手が悪いなら探偵を雇いましょう。

東京の探偵なら離婚探偵

東京都品川区五反田に本部を構える離婚探偵事務所。離婚探偵事務所グループは、山手線沿線に3つの拠点を有しています。東京都内の浮気調査のご用命は当事務所へ。